インプラント | 富山インプラントの森




富山インプラントの森とは

富山インプラントの森とは
富山地区のインプラント総合情報サイトです。
ぜひご活用下さい。




機能性と審美性をふまえたインプラント治療


インプラントは、顎の骨に固定するフィクスチャー(人工歯根)、歯の代わりとなる上部構造(人工歯冠)、人工歯根と人工歯冠を連結するアバットメント(土台)の3つで構成されています。
いろいろな種類の素材の上部構造がありますので、それぞれの素材の特徴をご説明します。

・オールセラミック
すべてセラミック(陶器)だけで作られています。
天然の歯の色に近い色調で作ることができ、審美性に優れています。
摩耗に強く、金属を使っていないため金属アレルギーの心配もいりません。

・ハイブリッドセラミック
セラミックとレジン(プラスチック)を混合して作られています。
色調はオールセラミックよりは劣りますが、天然の歯に近い色です。
欠けても軽度なら、口の中での修理が可能です。
プラスチックが混ざっているので吸水性があり、使用しているうちに変色していきます。

・メタルボンド
表面はセラミック、内側が金属で作られています。
見た目が自然で変色しにくく、強度も高いです。
金属を使用しているため金属アレルギーを起こす恐れがあります。

・ジルコニア
セラミックの一種です。オールセラミックより耐久性に優れています。
審美性が高い素材で、周りの歯の色になじんで綺麗に見えます。
金属を使用しないため金属アレルギーの心配もいりません。

・金属
いわゆる銀歯です。
割れることがないので長持ちしますが、歯の色とは違う金属色なので見た目は劣ってしまいます。
金属製のため金属アレルギーを起こす恐れがあります。

噛むという機能だけでなく、口元の美しさを左右するため、上部構造は慎重に選びたいところです。
インプラント上部構造の主な種類の特徴をご紹介しましたが、自分で決めるのは難しいので歯科医師とよく相談しましょう。


なぜインプラントがいいと言われるのか


以前はあまり聞いたこともなかった「インプラント」という治療ですが、今ではインプラント治療ができる歯科医院も増えて、みなさんのまわりにも「インプラントを入れた」と言う人がちらほら見られるようになってきたのではないでしょうか。

ではどうしてインプラントがよいと言われるのでしょうか。まず歯を失った時そのままにしておくと、物が食べにくい、しゃべりにくいということの他に、まわりの他の歯に悪影響を及ぼしますので、歯がなくなった後には何らかの人工の歯を取り付けなければなりません。ところが入れ歯やブリッジにしますと、両隣の歯にバネをかけたり削って土台にする必要があり、このことが健康な歯を痛めてしまいます。また物を食べた時に、すき間にカスがつまるといった不便もありますし、食べにくいものもできてしまいます。この点、インプラントにすればまわりの歯に影響を与えることはありませんし、土台となるインプラント本体があごの骨としっかり結合して固定されるので、何でもよく噛んで食べられるようになります。このように生活を快適にできる利点が大きいことから、インプラントを選ぶ人が増えているのです。治療を選ぶ時は、長所も短所もよく比べて選びたいものです。

射水市の海王丸パークでは春から秋にかけて「海王丸の総帆展帆」を見ることができます。ゴールデンウィークには子ども向けのイベントもありますので、スケジュールを確認してお出かけください。