なぜインプラントがいいと言われるのか | 富山インプラントの森




富山インプラントの森とは

富山インプラントの森とは
富山地区のインプラント総合情報サイトです。
ぜひご活用下さい。




なぜインプラントがいいと言われるのか


以前はあまり聞いたこともなかった「インプラント」という治療ですが、今ではインプラント治療ができる歯科医院も増えて、みなさんのまわりにも「インプラントを入れた」と言う人がちらほら見られるようになってきたのではないでしょうか。

ではどうしてインプラントがよいと言われるのでしょうか。まず歯を失った時そのままにしておくと、物が食べにくい、しゃべりにくいということの他に、まわりの他の歯に悪影響を及ぼしますので、歯がなくなった後には何らかの人工の歯を取り付けなければなりません。ところが入れ歯やブリッジにしますと、両隣の歯にバネをかけたり削って土台にする必要があり、このことが健康な歯を痛めてしまいます。また物を食べた時に、すき間にカスがつまるといった不便もありますし、食べにくいものもできてしまいます。この点、インプラントにすればまわりの歯に影響を与えることはありませんし、土台となるインプラント本体があごの骨としっかり結合して固定されるので、何でもよく噛んで食べられるようになります。このように生活を快適にできる利点が大きいことから、インプラントを選ぶ人が増えているのです。治療を選ぶ時は、長所も短所もよく比べて選びたいものです。

射水市の海王丸パークでは春から秋にかけて「海王丸の総帆展帆」を見ることができます。ゴールデンウィークには子ども向けのイベントもありますので、スケジュールを確認してお出かけください。